マーケティング、コミュニケーション、リサーチ。

マーケティングの成功には、コミュニケーションとリサーチの両輪が必要です。マーケティングは売れる仕組み作り。コミュニケーションとリサーチは共にターゲットとの相互交流ですね。

燃え尽き症候群は突然に

年収が増えると同時に責任が増えるのは当たり前のこと。
さらに役職が上がれば現場から遠くなり、全て間接的な営みに変わっていくのも当たり前のこと。それが経営陣であり、目の前のタスクやプロジェクト単位ではない、会社や事業全体を丸ごと動かすのがマネジメントというものだろう。経営者になるべくビジネスの世界に身を投じて12年。気がつけば従業員規模1,500名以上の企業で経営陣を任されるポジションになったのだが、大きな誤算があった。

それは、毎日が全然楽しくない…(笑)

 (笑)と書いたものの実際は笑えない状況で、幸福度は間違いなく下がり続けている。

そればかりか、何だか力が入らない、情熱が沸かない、モチベーションが続かない、
心が動く機会が減った等など、今までの自分では想像も出来ない状態がしばらく続いている。最近ふと思い至ってしまったのだが、「これって燃え尽き症候群じゃないか?」という事。まぁそれは大袈裟で、ちゃんと会社で責任は果たしているしエネルギーが湧く時間もあるので根本的には大丈夫だと思っているが、少なくとも以前より情熱やモチベーションのマネジメントが必要になっているのは確かだ。

 

心がすり減り続けているのだと思う。

 

ではどうやったら自分の心が喜ぶのか?エネルギーがチャージされるのか?
を考えて見てもさっぱりわからない。そもそも、その様な視点で自分に向き合った事はないのだからわかるわけもない。このままいけばすり減り続けてすり切れて、最終的には無くなってしまいそうなので、「自分を労る時間」「自分の心が喜ぶ時間」を大切にしていこうと思う。

 

仕事が好きで仕事している時間が一番楽しいという方こそ、陥るリスクがある病。なってからでは回復に時間がかかるのが病気というもの。頑張りすぎない努力、心の身体のメンテナンスは第一線で活躍するビジネスマンの必須スキルだと思う。

 

↑↑↑

実はこの記事を書いたのが1年半前だったのですが、これを機会に仕事以外で心が喜ぶ時間を探したところ、ダイビングとキックボクシングを始める事になりました。360度、見渡す限り海に囲まれる空間と、自分の身体と向き合ってパンチや蹴りを打ち込む瞬間は、ちょっと楽しい。燃え尽きを実感しなければ辿りつかなかったアクティビティだったと思う。そう考えると、燃え尽き症候群は自分の新しい扉を見つけるサインなのかもしれないと感じています。